忍者ブログ

ALTEREGO

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


避暑地

 新しい場所で髪を切ってもらい、年の話になって、「若いですね」と言われて舞い上がる。
 よく言われるんですよー、なんてどの口が言ったか。言ったそばから青ざめる。

 大宮にロックアップという飲み屋があるとのことで初体験。
 「初犯ですか?」と聞かれ、うっかり「はい、そうです」と答える。
 いきなり犯罪者扱いされた挙句に、両手首に手錠をかけられた。
 私、腕細いので、これすり抜けられちゃうんですけど。
 メニューが放送事故。

 久しぶりに(おいしくない)酒をしこたま飲んで電車に乗り、岐路につく。
 空き地に猫がいた。野良猫の集会かとおもったが、どの子も人懐こく足にすりつく。
 酔っ払いが猫とじゃれる図はよくあるもの。
 帰ったらよく手を洗えばいい。迷惑がられるほど撫でまくる。

 深夜にもかかわらず、どこからか、か細いロケット花火の音がした。
 小さな子どもなのか、若者なのか、楽しげな声が風に乗る。
 「おんまえ、浴衣ちょー似合わねえんすけどー」
 「てめえに言われたくないんですけどー、ぎゃはは」

 大きな事件があると、それ以前のできごとの記憶が薄れゆくのは、年をとるごとに増していく。
 祖母が死んでからもう2年は経っている。それより前のことは?

 被災地に「思い出の品倉庫」が創設されてから、来訪の足があとを絶たないという。
 最初の1~2か月は、一縷の希望だった。
 だから、安置所にも行かないし、物品の保管所なんて用もなかった。

 その後の3~5か月は、思い人への安寧の祈りだけだった。
 どんなものでもいい、焼け焦げた写真の端切れだっていい、どうにかしてつながっていたい。
 時間を戻してほしい。
 そんな思いが、思い出の品倉庫に漂っている。

 震災当時、地震速報のアナウンスを、スタッフと順番に打ちながら
 町が渦巻に呑まれていくのを震えながら見た。
 打ち間違えたらどうしよう、お願いだからテレビを見ていてほしい。

 これは現実か。
 遠く離れたアフリカ大陸の飢餓問題や中東の戦争中継でもない
 わが国で、今、起きているのか。
 スタッフが震えながら携帯の番号を打つ。繋がらない電話に、口を押さえて涙をこぼす。

 平和呆けは本当に恐ろしい。この年頃になれば、私たちは少なからず、人の死を経験したはずだ。
 何かを見て、何かを理解したつもりでいると、こういうツケが回ってくる。

 狭心の痛み月一程度に感じる。健康診断でいつかひっかかるだろう。
 だれもが必ず、順番を待つのだから、ちょっと早かったからって騒ぐこともないという主張があるが
 たぶん、それは強がりでしかないのだろう。

 そうやって「見ない」ことで保身に回らないと、やっていられないのだろう。
 知らないことは罪なのだろうけど、罪を背負わないと生きられない人もいるだろう。
 そんな人たちを責めることは、きっとできない。
 彼らの中にはきっと、誰よりも自分のことを責めているから。

 許してくれますかと猫にきくと、返事もなく闇に消えた。
 そりゃそうだよな、服についた毛を払いながら踵を返す。
 「てめえ、サイズ合ってねえんだよ」
 「ばか、おま、こっち向けんな」
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
(12/10)
(08/13)
ANN
(05/19)
(04/04)
(01/05)
(01/03)
(12/24)
(10/20)
(10/09)
(08/21)
<<memo2  | HOME |  連携 memo1>>
Copyright ©  -- ALTEREGO --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ