忍者ブログ

ALTEREGO

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


十傑

 カメリハが終わり、いざ本番というときに不測の事態が起きた。
 つねにギリギリの、連携打ち込み3人と、デスク1人の構成員のうち、連携の1人の身内に不幸が起きた。


 父親が脳出血で倒れたと新潟の実家から連絡があった。
 戦慄がはしる現場に、当事者の彼は落ち着いていた。

 監督に同行にきている老兵に生は打てない。研修にきた子に本番はまだ無理であるし、さいあくの場合、デスクの人間に、とも考えるが命綱である司令塔役がいなくなれば、万一のとき取り返しがつかない。

 「やります。大丈夫です」
 彼は言った。

 本来なら誰か緊急にほかのメンバーに来てもらうことはできた。しかしあいにく、戦力となる面子はその日に限ってほかの局に出払っていた。本番まであと1時間半だ。彼にかけるべき言葉など、何も思いつきはしない。

 本番を迎えるまでのあいだに、局にある電報が届く。観客席から指揮者を殺す、といった脅迫の電話だった。
 警備を固めるなか、番組の司会にことの顛末を一応説明し、万が一のときの観客やスタッフの逃げ道の確認をした。

 しかし正直そんなことはどうでもよかった。
 本番は20:00。
 それまでのあいだ、メンバー一同は、自分の使命と、身内の命の重さを天秤にはかることの重大さを、頭のなかでもてあましていた。

 結局、一連の脅迫騒動は犯人は特定できずに終わったが、幸い事なきを得た。
 そう、これはよくあること。きっと彼の父親も無事に生きているに違いないと願った。
 けれど、彼の父親は死んだ。

 大晦日から異例の長さで続いた乾燥注意報も解かれ、雨が降った。
 花粉が飛び散る寸前の季節まできたが、マスクをつけて屋外に出る生活は今も変わらない。

 だれ1人欠けてもいけない現場は、使命感や責任感、充実感や緊張感があるが、それとはもっと別の階層にある、どうあっても切り離すことのできない、恐怖感がある。

 歯医者に行くのが怖い、注射を打たれるのが怖い、誰かに嫌われるのが怖い、誰かを傷つけるのが怖い。
 経験があり、想像力の働く範囲であるなら、人間は自分を守るための恐怖を覚えている。
 けれど、一介の人間ごときが乗り越えられる恐怖の種類の数も、たかが知れている。

 いつかだれもがたどり着くはずの「死」に向かって歩いているのに、その「死」に対しては恐怖を知らない。
 心理学的に言うと、ただしくは、子どものうちに「忘却」という作業を行っている。
 恐怖を抱き続きながら生きるということは、非常にむずかしいことだからだ。
 人はみな、生きやすいように生きている。

 いかに無駄な情報を省き、有用な情報だけをつかんで生きている。
 小蟲が皮を脱ぐように、真綿が水を吸うように、生きている。

 けれど今回のことがあって、それは本当にただしいことなのか、少し疑問を覚える。

 ご冥福を祈るばかりだ。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(12/10)
(08/13)
ANN
(05/19)
(04/04)
(01/05)
(01/03)
(12/24)
(10/20)
(10/09)
(08/21)
<<白羽の矢  | HOME |  開拓>>
Copyright ©  -- ALTEREGO --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ