忍者ブログ

ALTEREGO

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


比喩

 直喩。比喩の一つ。あるものを他のものに直接たとえる表現法。「雪のようなはだ」「動かざること山のごとし」など。

 隠喩。比喩の一つ。「……のようだ」「……のごとし」などの形を用いず、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法。「花のかんばせ」「金は力なり」の類。

 活喩(擬人法)。修辞法の一つ。人でないものを人に見立てて表現する技法。「海は招く」の類。

 西加奈子氏『さくら』は、二〇〇五年に出版。
 すばらしい人だった「兄ちゃん」のことなどを書いた本だ。兄ちゃんは交通事故のため「下半身の筋肉と顔の右半分の表情」を奪われてしまう。
 「この体で、また年を越すのがつらいです。 ギブアップ」という紙切れを残して、兄ちゃんは自殺する。
 その兄ちゃんのことを、弟の目でつづった文章だ。遺書を見た弟はいう。それは「男らしい兄ちゃんの字じゃなかった。『好きだ』と書くときに、少し力が入りすぎる、右肩あがりのあの字じゃなかった。それはふにゃふにゃと頼りなく、間違って水で洗ってしまったレシートのように、触れるとぼろぼろと崩れてしまいそうだった」
 兄ちゃんの姿はまさに「ぼろぼろに崩れてしまいそうなレシート」だと弟の目に映ったのだろう。
 兄ちゃんの葬式のとき、母さんは、語り手である「僕」の右手を強く握る。
 「僕の右手は母さんのせいで、まるで大量の蚊に刺されたみたいに、爪あとがたくさんついている」。この比喩も的確だ。以下、痛烈に比喩が続く。

 「母さんの横顔は、熟れ過ぎたマンゴーみたいだ。だらりと垂れていて、触るごぐちゅぐちゅと汁が出て、ちょっと揺り動かすと、そのままぼとりと床に落ちてしまいそう。昔周りの皆にあこがれのため息をつかせたアーモンド形の目は、今では脂肪に押されて、余分な種みたいに、顔にはりついている。……綺麗な赤が輝いていた唇は、キャラバン隊長の皮膚みたいにごわごわとしていて、涼しげな青が乗っていた瞼は、鬱蒼とした森の影みたいに黒い。目をつむると、それは余計黒さを増して、その黒は厄介なことに、僕の心の中にまで入り込んできそうだった」
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
(12/10)
(08/13)
ANN
(05/19)
(04/04)
(01/05)
(01/03)
(12/24)
(10/20)
(10/09)
(08/21)
<<蛇にピアス  | HOME |  memo>>
Copyright ©  -- ALTEREGO --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ