忍者ブログ

ALTEREGO

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


鷹揚

 病み上がりのタンが緑色なのは、風邪ウィルスを閉じ込めた白血球の死骸らしい。
 白血球過多といえば、母が十代のころに闘病していた相手だ。

 日本人学校に通っていたころのクラスメイトには、約半数くらい華人の子孫がいた。かれらは第二国語として現地語を話せる者もいれば、まったく話せない者もいた。それだけ、在日~と呼ばれるように、世界に散ったということだ。

 台湾が日本統治下にあったころ、日清戦争が起こり、母方の祖父母は国語運動に巻き込まれていた。
 皇民家政策(天皇バンザイ洗脳)はいつでも過激で、現地語を話せば処され、信じていた神を信じれば処され、名前を変えられた。
 祖父母の両親はともに、過激な政策を前にデモを起こし、その戦いのなかで命を落としたらしい。

 長引くだろう戦争に危惧した日本は、資源供給地として機能していたはずの植民地、台湾から、足りない兵力を抽出することに奔走していた。
 祖母が身を寄せていた寺廟は取り壊され、神社に改築された。時差も直された。君が代の意味を知った。
 中国との戦争だったので、漢民族の徴兵はいささか問題視する声もあったが、背に腹は変えられず結局は徴兵をとった。 

 祖母は去年、八十ニ才という天寿に幕を引いた。この年齢の人たちはもはや、そう多くはない。
 いまでこそ、現地の日本人学校に通う子供たちは、なぜ一部の老人が日本語を話せるのか、その理由を知らない。
 いつか、あの島が日本の統治下にあったことさえ知らなくなるのだろう。教科書に載る程度の、遠い国のお話なのである。

 戦争とかデモとか聞いてもいまいちピンとこない我々日本人は、たぶん平和な森の生き物だからなんだとおもう。一長一短である。よくいえばのんびり、わるくいえば鈍感なのだ。三島由紀夫の自決したときの台詞、「この国は骨抜きだ!」がなんとも印象深い。

 秋葉原の歩行者天国事件をおもいだす。事件現場を携帯カメラで写す若者の、なんと無邪気な表情か。

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
(12/10)
(08/13)
ANN
(05/19)
(04/04)
(01/05)
(01/03)
(12/24)
(10/20)
(10/09)
(08/21)
<<二の足  | HOME |  白日の下>>
Copyright ©  -- ALTEREGO --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ